ヌーヴ・エイ(チックタック・ローズマリーなど)アルバイト 求人情報
Voice1
TiC TAC 販売スタッフ
入社したきっかけ・理由
一緒に働くスタッフも、いろいろなタイプの人がいることに興味を持ちました。

腕時計が好きだったということもありますが、いくつか接客販売の仕事を経験して思ったことは、せっかく接客販売という「人と接する」仕事をしているのだから、いろいろなタイプの人と接したい、ということでした。お客様ももちろんですが、一緒に働く仲間も、年齢や性別や好みなどが同じ人だけではなく、いろいろな人がいた方が身につくことが多そうだと思い、腕時計を扱っているTiC TACに興味を持ちました。また、長く働きたいと思っていたので、正社員登用があることも入社の決め手になりました。

TiC TACでの仕事のやりがい・魅力
自分が企画したものが売れたときは、とてもうれしいです!

好きなものを扱えるというのは単純に楽しいですが、一番はやっぱり、自分で仕入れて企画したものが売れたときは本当にうれしいです!そこまで携わるとなると、覚えることも多く、数字に対する責任感も強くなるので、すごく大変です。でも、メーカーの方と企画を考えたり、ちょっと変わったデザインだけど自分が「いい」と思ったものを仕入れて、それをお客様に気に入っていただけたときの達成感ややりがいは、入社してみて初めて味わうことでした。今は、新しいアイデアややりたいことが常にあります。「次はあれをやってみよう」ということを売場に反映し、お客様からの反応を得ることでどんどん新しいことを吸収している実感があり、それがすごく楽しいです。

職場の雰囲気・社風
チームワークがすごくいいな、と実感しています。

みんなで協力しながらお店作りをしている、という雰囲気をすごく感じます。一人一人に任せられることは大きいですが、すべて一人だけで業務を行うわけではありません。店長や先輩、各メーカーの担当者の方、時には全国に広がる別店舗のスタッフにも相談をしながら仕事をしています。「お店を良くしていこう」という意識がみんなに根付いているのだと思います。自分の考えだけでは自信がなく不安を抱えていると、「いいじゃん、やってみなよ!」と背中を押してくれたり、「ここはこうした方がいいかも」とサポートしてくれる仲間がいることは、心の大きな支えとなり、がんばれる原動力にもなっています。

TiC TACに興味を持っていただいた方にメッセージ

「腕時計」の接客販売は、お客様の特別な瞬間に立ち会えるという喜びがあります。入社当初は、「常連」のお客様ができるなんていうことは想像していませんでした。ご購入後、プレゼントをされた方と一緒にご来店いただけたり、近くに来たから、と私に会うためにふらっとお店に立ち寄っていただけたりと、お客様と長くお付き合いができることもこの仕事の魅力です。「腕時計」って、最初からすごく詳しい人ってなかなかいないです。だから、スタートラインはみんな一緒。自分のがんばり次第でどんどん仕事が楽しくなってくると思います!

Voice2
TiC TAC 店長
入社したきっかけ・理由
接客販売するなら、いろいろなお客様と接することができた方が、面白いと思いました。

飲食やアパレルなど、様々な接客販売の仕事を経験していたのですが、「いろいろなタイプの人と関わりたい」という思いで、腕時計に興味を持ち始めました。腕時計をお探しになっているお客様は、年齢も性別もファッションの好みも、バラバラですからね。その中でもTiC TACは、ディスプレイも凝っていてオシャレでしたし、服装も自由ということで、自分のセンスも磨かれるかなと思い、最初はアルバイトとして入社しました。

TiC TACでの仕事のやりがい・魅力
お店作りに自分の考えが反映されて結果に結びつく、そのプロセスが楽しい。

TiC TACでは、扱っているブランドも多く、仕入れるアイテムや、立地・季節に合わせた企画もお店ごとに考えます。ディスプレイも、腕時計をただ並べるだけではないので、「どんな世界観を作ろうかな」という自分のアイデアで売り場を作っていく感覚です。例えば、腕時計と一緒に棚に飾るものを探して購入したりするのですが、そういったことは単純に楽しいですね。そしてそれが、お客様に伝わることが一番のやりがいです。結婚式のときのご両親へのプレゼントに、私が提案した腕時計を選んでいただけたことや、「武藤さんが言うなら買うよ」と言っていただけたことなど、自分の考えや行動の結果としてお客様の反応がかえってきます。お客様の反応というのは、「ご購入いただく」という結果にもつながります。店舗運営なので、売上目標を達成することは大切です。その目標をどう達成しようか考えるのですが、「これを手にとってもらいたい」といった自分の気持ちがベースにあるので、接客して売ることが楽しくなります。

職場の雰囲気・社風
考えていること・思っていることを、行動と言葉できちんと伝え合う文化があります。

入社当時、私は自分に自信がなかったのですが、「今の接客良かったね」や、「武藤さんのおかげでお店の雰囲気がいい」といった声をかけてくれる上司がいました。そうやって自分のことを認めてもらえたことが原動力になり、少しずつ自信につながりました。正社員になるときも、最初は「自分にできるのか」と不安でしたが、会社から期待されていること、そして、まだ足りていないことも含め上司に伝えてもらえたので、「それならがんばってみよう!」と思い、正社員として挑戦することを決めました。これからは、同じことを自分が後輩にする番だと考えています。

TiC TACに興味を持っていただいた方にメッセージ

最初は、専門的な知識やスキルがなくても問題ありません。「お客様に気持ち良く帰ってもらいたい」とか、「お店を少しでも良くしていきたい」という気持ちを持っていて、そして、何か行動にうつすことができれば成長していける環境です。小さなことで大丈夫です。次に使う人のことを考えて包装紙を補充したり、お客様に見えやすいように腕時計の向きを変えたり、そういったことが、この仕事の大切な部分だと考えています。

Voice2
TiC TAC 店長
入社したきっかけ・理由
「腕時計の接客って、どういうことを話すんだろう」と思ったのがきっかけです。

接客販売の仕事が好きだったので、洋服や靴など、いろいろなジャンルで「接客販売」の仕事を探していました。そこでTiC TACの求人を見て、「腕時計の接客販売」をイメージしたときに、一番面白そうだと思ったのが理由です。腕時計って未知の世界でしたし、「お客様と、どんな話をして接客するんだろう」と想像したら興味がわいてきたんです。最初は「面白そう」という単純な思いからですね。

TiC TACでの仕事のやりがい・魅力
お客様にとっての「ワクワク」や「特別な時間」を共有できます。

「面白そう」という思いで飛び込んだ腕時計の世界でしたが、仕事をしてみてやっぱり「特別だな」と実感しました。腕時計は単価が低いものではないので、例えば洋服を1着買うよりも、お客様の「ワクワク感」が高く、購入されたときの「喜び」が伝わってきます。結婚の記念として腕時計をお探しのお客様に、お名前やメッセージを刻印できる腕時計をご提案したところ、大変喜ばれ入籍後にもご挨拶にきていただけたこと。大切な方の形見の腕時計をお持ちになるお客様も多く、修理やお手入れをしてお返しして、笑顔になっていただけること。いろいろなお客様がいらっしゃいますが、そこにある「特別な思い」に身が引き締まる思いですし、それを共有できることが日々の仕事のやりがいにつながっています。

職場の雰囲気・社風
仕事を任せてもらえることが、「成長することの楽しさ」につながっています。

TiC TACでは、店頭で接客をして販売をする、という仕事だけではなく、商品の仕入れや演出方法も含めたディスプレイの仕方など、すべて担当するようになります。立地や客層も考慮した戦略が必要なので、お店作りの醍醐味が味わえるわけですが、覚えることも多く大変ではあります。でも、「言われたことをやる」ではないので、「ああしてみよう、次はこうしたい!」という気持ちで仕事に取り組めるようになります。今自分は店長という立場ですので、スタッフ全員にそう思ってもらえるようにしたいと考えているのですが、仕事を覚えたり成長することを楽しむきっかけは、誰にでも作れるんですよ。例えば、自分が好きな時計をお客様にオススメした結果、「これいいですね」と共感していただけるだけで、仕事を楽しいと思うきっかけになります。自分がその「第一歩」を作ることで、仕事や成長することの楽しみ方を広めていきたいと考えています。

TiC TACに興味を持っていただいた方にメッセージ

TiC TACでは仕事の幅が広いので、覚えることも考えることも多いです。その分、質問しやすい環境や人の言葉に耳を傾ける雰囲気を作ることを心がけています。自分自身も、できないことやわからないこと、不安や落ち込むことはありましたが、その当時の店長や先輩に声をかけてもらいながら乗り越えてきたので、最初から知識やスキルは求めていません。お客様に喜んでいただくために努力できることだったり、「人の喜び」をうれしいと感じられることだったり、そんな方と一緒に仕事ができると楽しいなと思っています。